研究室にて実験データに関するディスカッション

生命現象を分子から個體、集団に至る様々なレベルで解明するための教育研究を行い、國際的通用性を持つ広い視野を備えた次世代の生命科學研究を擔う研究者の育成を目的としています。
生命科學研究科の大學院プログラムは生命科學の最前線を開拓する獨立した創造力豊かな研究者の育成を目指しています。研究科を構成する専攻の基盤となっている3つの國際的に卓越した研究所(國立遺伝學研究所、基礎生物學研究所、生理學研究所)は生命科學の多様な分野の研究を推進しており、専攻の枠を超えた分野橫斷的な研究教育を目指しています。

遺伝學専攻の研究室における実験風景
遺伝學専攻の研究室における実験風景

生命科學研究科は日本で最大數の生命科學系教員で構成されており、學生が複數の教員と相談しながら研究を進めることを可能とし、學生による獨立した研究実施のために必要な研究環境を提供しています。各専攻所屬の第一線の研究者による講義に加え、國內外の外部講師による最先端研究を紹介するセミナー、異分野融合の基礎となる教育プログラム、英語論文の書き方や英語での口頭発表?議論のための授業も含まれています。3専攻は毎年合同で研究発表會を開催して交流を深めているほか、インターネットを使った講義システムで他専攻の講義を聴講することも可能としています。
生命科學を愛し、楽しみ、そして、その新しい扉を開く夢を持った學生を待っています。


【岡崎】藤森.jpg

研究科長 藤森 俊彥

専門分野:
発生生物學
各専攻について
遺伝學専攻

遺伝學専攻
恵まれた環境で自分自身の研究に思う存分に打ち込むことができます

遺伝學専攻
研究室では活発な議論が行われています
遺伝學専攻は、生命現象を遺伝情報との関連の下に解明することを目的とし、國立遺伝學研究所に整備された多様な実験生物系統や DNA データベースを活用して、分子遺伝學、細胞遺伝學、発生遺伝學、行動遺伝學、集団遺伝學、進化遺伝學、ゲノム生物學、生命情報學などの分野で、最先端の教育?研究を行います。また、大學院生が自ら「一人前の研究者に育つ」という目標を達成するため、「一人一人の大學院生を全教員で指導する」という理念のもとに大學院生教育を行っています。たとえば、獨自の「プログレス制度」では、大學院生が指導教員以外の複數教員と議論し様々なアドバイスを受ける機會が、半年に 1 回提供されます。充実した科學英語教育プログラムやリサーチアシスタント制度などによる経済支援も遺伝學専攻の大きな特長です。
基礎生物學専攻

基礎生物學専攻
研究対象となっている様々なモデル生物および新規モデル生物
基礎生物學研究所を基盤機関とする本専攻は、次世代の生物學を擔う研究者を養成します。細胞の構造?機能?増殖?分化、光合成、発生、行動に関わる脳神経のしくみ、環境に対する生體の応答、生物間の共生、進化などの諸問題について、様々なモデル生物?新規モデル生物を活用し、分子生物學、數理生物學、オミクスやバイオイメージングなどの最新実験技術を駆使して先端的研究を行っています。基礎生物學研究所の充実した研究設備と環境、複數の教員による指導體制、RA 制度による経済的サポート、EMBL(歐州分子生物學研究所)との國際交流事業など、特色ある修學環境を用意しています。意欲あふれる皆さんの參加をお待ちしています。
生理科學専攻

生理科學専攻
研究対象の細胞、組織、臓器と実験方法

生理科學は、生體がはたらく仕組みを分子?細胞などの構成要素とシステムの両面から解き明かす學問であり、病態の理 解に重要な基盤を提供します。ゲノム構造が明らかになり、ますます生理科學の重要性は増しています。
本専攻では、生體の基本構造である分子レベルから細胞レベル、さらにシステムとして構成される個體レベルに至るまで、 生體機能を統合的に研究できるように教育?研究指導を行っており、生理學?脳神経科學を中心とした醫學?生命科學の未 來を切り開く研究者を養成します。

草蜢社区在线观看免费下载