「総研大文化フォーラム」におけるポスター発表

 文化科學研究科は、総研大で唯一の文系の研究科です。國立民族學博物館を基盤とする地域文化學専攻?比較文化學専攻、國際日本文化研究センターを基盤とする國際日本研究専攻、國立歴史民俗博物館を基盤とする日本歴史研究専攻、國文學研究資料館を基盤とする日本文學研究専攻と、4つの基盤機関に5つの専攻が置かれています。

『総研大文化科學研究』の表紙 『総研大文化科學研究』の表紙

 それぞれの機関において教育研究を行うだけでなく、文化科學研究科としても共同で活動を行っています。學術誌『総研大文化科學研究』 の刊行、各機関持ち回りでの交流事業「総研大文化フォーラム」 の開催、特別教育プログラム「學術資料マネジメントコース」 の実施など、多彩な専門分野を活かして、総研大における文化科學研究を擔い、発信しています。 なお、総研大の他の研究科は、博士課程前期(修士)の學生を受け入れる5年一貫制を採用していますが、文化科學研究科は、博士課程後期(博士)のみから成っています。

文化科學研究科沿革

1989年 地域文化學専攻?比較文化學専攻により発足
1992年 國際日本研究専攻を設置
1999年 日本歴史研究専攻を設置
2001年 メディア社會文化専攻を設置(基盤機関における大學院博士後期課程開設に伴い、2013年學生募集停止、2017年廃止)
2003年 日本文學研究専攻を設置

研究科長 伊東 貴之

専門分野:
中國思想史、東アジア比較文化交渉史
各専攻について
地域文化學専攻

地域文化學専攻
サンノゼ日本町でのお盆祭り
(アメリカ?カリフォルニア州/松永千紗撮影)

地域文化學専攻
活発に議論する學生たち
本専攻は、國立民族學博物館が基盤機関となり、アジア、アフリカ、ヨーロッパ、アメリカ及びオセアニアの諸地域に居住する人びとの文化と社會に関する教育研究を行っています。各々の地域の特性や歴史を考慮しながら、民族誌學的方法論に基づく文化と社會の記述、構造の解明、動態の把握を目指します。現地調査から得られたデータを分析し、理論化し、學術的な貢獻と実踐的な提言ができる人材を養成します。
比較文化學専攻

比較文化學専攻
國立民族學博物館の展示場
恵まれた教育研究環境のもとで、新しい研究分野の開発を行っています。

比較文化學専攻
參拝者と那智山青岸渡寺
(日本?和歌山県/山本恭正 撮影)
充実した研究支援により世界各地で調査が可能です。
本専攻は、比較社會、比較宗教、比較技術、比較言語、比較蕓術、文化資源という6つの研究分野から構成されています。諸民族文化の比較研究により、各々に通底する普遍性の発見と理論的解明を目指します。基盤機関である國立民族學博物館の標本資料や映像音響資料、文獻図書資料等を教育と研究に活かせることは本専攻の強みです。従來の文化人類學的研究方法に加えて、隣接諸科學の成果を導入し、新しい研究分野の開発を積極的に進めることができる人材を養成します。
國際日本研究専攻

國際日本研究専攻
國際日本文化研究センター 図書館
國內外を問わず、日本研究を行ううえで必要な図書?雑誌は「基本図書」として積極的に収集しています。
人文科學?社會科學?自然科學にわたる國際的?學術的な日本研究(Japanese Studies)をすすめるために、「教育?研究指導分野」としては、本専攻の特色である全教員の指導による、単一の「國際日本研究」を設けています。 共通必修科目としては、「日本研究基礎論」「學際研究論」「論文作成指導」を置き、國際的な立場から「日本研究」の理論的?方法論的な指導を行っています。これらの研究と研究指導を推進することにより、創造的で高度な専門的視野と、幅広い學際性、複數の専攻を橫斷しうる総合性を備えた研究者の育成を目指しています。
日本歴史研究専攻

日本歴史研究専攻
國立歴史民俗博物館の展示室を使った講義風景
(第1展示室「ナウマンゾウ」前での講義)
歴史?考古?民俗などについての約30萬點の資料が収蔵されています。
國立歴史民俗博物館(歴博)を基盤機関とする本専攻では、日本の歴史と文化について、歴史學?考古學?民俗學と関連分野の研究者が學際的な視點からの研究指導を行なっています。歴博の収蔵する膨大な資料や蓄積された情報、および自然科學的な分析を含む高度な研究設備を利用することが可能です。また現地での調査研究にも便宜を図っています。
資料に基づいた総合的な分析能力を持つ研究者、広い視野と國際的な感覚をもって社會に貢獻できる人材の育成を目指します。
日本文學研究専攻

日本文學研究専攻
國文學研究資料館 書庫
重要文化財など原本2萬點、マイクロ等20萬點、歴史資料52萬點などを備える充実した教育研究環境です。
原本資料調査に基づいた、膨大な學術情報を集積?研究する先導的な大學共同利用機関である國文學研究資料館を基盤機関とする本専攻では、國文學研究資料館の文化資源を活用しながら、日本文學及びその周辺分野における深い専門知識と関連資料の調査技術?総合的な分析能力の修得を柱とする教育を行います。
日本文學を中心に分野に広く目配りした體系的なカリキュラムによる授業を実施するとともに、複數の教員による指導體制のもとに研究指導を行い、高度な専門知識を有した研究者及び研究業績によって社會に貢獻できる人材を育成します。
草蜢社区在线观看免费下载