生命共生體進化學専攻説明會

先導科學研究科は、進化學と科學と社會分野の研究?教育を通して総研大の理念を達成することを目指す、生命共生體進化學専攻の単一専攻研究科です。進化學分野には、統合人類學、行動生物學、進化生物學、理論生物學の生物系4領域をおき、とくに生物の多様性と歴史性に焦點を當てています。一方、科學と社會分野では、科學を人間の社會活動のひとつととらえ、科學者の社會における役割や責任について深く探求しています。學生はそれぞれの専門分野で博士研究を行う一方、生物系の學生は社會分野の、社會系の學生は生物分野のテーマでそれぞれ副論文を書くことが求められます。分野間の垣根を徹底的に低くし、學生30名、教員20名が常に親密に交流することで密度の高い教育を実現しています。以って、人間?科學?社會に関する深くバランスのよい見識を備えた研究者?高度専門職業人を育成します。  

ミーアキャットの研究
家族で群れを形成し、血縁個體間で様々な協力行動を行うミーアキャットの研究

さらに、國內外の大學や研究機関と活発な共同研究を展開し、新しい研究領域の構築を先導することを目指しています。

研究科長 沓掛展之

研究科長 沓掛 展之

専門分野:動物行動學


生命共生體進化學専攻
新しい生命観で見る未來
本専攻では、生命の時空的な広がりを通して、生物、人間及び社會に関する専門知識及び研究能力の修得を基本として現代社會での科學と技術のあり方を考究する教育研究を行い、新しい生命観、人間観を切り拓くとともに、これからの持続可能な社會の構築に貢獻する人材の育成を目的としています。この目的を実現するため、進化を軸にした生命現象の解明と、科學技術と社會との関係の探究を目指した教育?研究を通して、國際的に通用する高度な専門性と広い視野を備えた研究者を育成しています。
生命共生體進化學専攻
ダナムバレイ(マレーシア)の野生ボルネオオランウータン
生命共生體進化學専攻
ゲノム配列を決定したニホンオオカミの頭骨(寫真 : 石黒直隆博士提供)
草蜢社区在线观看免费下载