本プログラムは、申請時點における渡航予定先國の外務省の発出する危険情報(感染癥危険情報を含む)の狀況に関わらず申請することが可能ですが、採択後、プログラムを開始するにあたっては、渡航先國の危険情報(感染癥危険情報を含む)がレベル1以下の場合にのみ派遣を認めます(レベル2以上の場合は、本プログラムによる派遣を認めません)。

SOKENDAI研究派遣プログラムとは

本事業は、本學の教育理念である「高い専門性」「広い視野」「國際的な通用性」を持つ研究者人材の育成を推進するため、海外での短期の研究活動や、將來のキャリア構築につながる國內外での長期の共同研究等に主體的に取り組む本學學生に対して必要な経費を支援するものです。

過去に採択された學生の研究概要はこちら

2021年度の募集について

詳細は以下の募集要項をご覧下さい。

 2021年度募集要項(update 20201203)

 滯在日程?資金計畫作成の手引き(様式2関係)

 よくある質問 (20191216)


申請書類

一括ダウンロードをご希望の方はこちら→募集要項及び申請書類一式

區分ごとに申請書類が異なるため、選択した區分を確認すること(????提出すべき書類)。

申請書類
【區分①】
【區分②】
【區分③】
(1)
[様式1-1]申請書
?
?
?
(2)
[様式1-2]推薦書(指導教員が提出)
?
?
?
(3)
[様式2-1]日程表
(4)
[様式2-2-1]滯在資金計畫総表
※以下の様式2-2-2~4の入力データが本様式に自動的に反映される。
[様式2-2-2]交通費算定
[様式2-2-3]宿泊費算定
[様式2-2-4]その他経費算定
(5-1)
[※様式自由]受入機関(受入教員等)の受入承諾書

※承諾書の提出が困難な場合は、下記の書類を添付すること。

- 指導教員と受入機関の交渉過程及び受入內諾が確認可能な書面等の寫し

- 研究調査地?対象との交渉過程が確認可能な書面等の寫し

- 訪問施設の基本情報?利用條件等が確認可能な書面等の寫し、を添付すること

(5-1)
または
(5-2)
?
?
(5-2)
申請者の名前が記された研究集會プログラム等の寫し(開催場所、スケジュール、申請者の名前が記されたページ等)、もしくは、
申請者本人が発表することがわかる資料の寫し
受入機関への滯在期間中に學會等へ參加する場合
※[様式2-2-1] 「滯在資金計畫総表 」の作成において、申請額算定の根拠となる以下の資料を、滯在資金計畫総表の支援対象経費の項目に応じた資料番號を付した上、提出すること。
(6)
航空運賃見積書
航空券が必要な場合のみ
(7)
宿泊料見積書、もしくは宿泊料算出のもとになる資料
?
?
?
(8)
海外旅行総合保険料(賠償責任、救援?治療費の無制限補償附帯)の見積書等
?
?
(9)
支援対象経費の內容、金額等の內訳が明記された資料、また金額の根拠資料
支援を申請する場合のみ
支援を申請する場合のみ
支援を申請する場合のみ

提出期限

所屬専攻
提出期限
各専攻(大學院擔當係)
から葉山擔當
事務への提出期限
出発可能日
1回募集
専攻ごとに定める提出期日

※所屬専攻の大學院擔當事務に、事前に確認すること
2021年1月29日
2021年41日から
731日まで
第2回募集
2021年5月28日
2021年81日から
1031日まで
第3回募集
2021年8月27日
2021年111日から
ただし20223月5日までに終了(帰國)すること

※ 2021年4月入學の博士課程(3年次編入學)の學生で、第1回の募集に申請ができず、第2回目以降の募集で定める出発可能日では派遣計畫が実施できない等、特段の事由がある場合に限り、第2回募集の出発可能日を2021年7月1日からとする。該當する場合は、「出発可能日の変更を希望する理由」(様式自由)を添付の上、申請を行うこと。その他、申請スケジュールの各募集時期に定める出発可能日について、出発日の調整を必要とする真にやむを得ない事由がある場合は、プログラム事務局に事前に相談すること。

関係資料

[様式3-1]_緊急連絡先
[様式3-2] 日程変更願
[様式3-3] 近況報告書
[様式4] 実施報告書
[様式]研究概要紹介文(SOKENDAI研究派遣プログラム用)
「研究概要紹介文」作成ガイドライン
草蜢社区在线观看免费下载